2009年06月12日

フエの祝日:仏誕祭

ライチのおいしい季節になりました。

先月のことですが、銀行にお金を下しに自転車を漕いでいたところ
長い竿に様々な飾りを吊るして、売り歩いているおばちゃんを発見!
何だろう?と思っていました【写真1】

IMG_2435.jpg

家や店の入り口のところにそれらを飾っています。
5色の旗などもあるし、蓮の花もあるし仏教系のお祭りだと思って
ベトナム人の先生に聞いたところブッダの誕生祝いだそうです。
(陰暦4月15日 今年は5月9日)

クリスマスとまではいかないにせよ、
結構飾り付けにも凝っていて、電飾のものまでありました
【写真2】夜、指先が光ります!
IMG_2460.jpg

先生の家ではこれらの飾りをして、菜食にしたそうです。
お寺に張り付いていれば、何かの祭事に立ち会えたのだとか。


…最近、学校が夏休みに入ったので、
ベトナムの歴史や文化関係の本を読んでいます。

同じホテルに日本人の方が長期滞在されているのですが、
文化人類学・民族学の研究をなさっているそうです。
その方から仏誕祭の前後に3冊ほど本をいただいていたのでした。

『ベトナム文化人類学文献解題 日本からの視点』
『ベトナムの祖先祭祀 潮曲の社会生活』
『トゥアンティエン・フエ省における伝統文化の変容
 人類学・歴史学および内・外の視点からの接近』


門外漢の私にとって内容に関しても新しい知識ばかりなのですが、
その研究時期や過程での出来事などからも、その地域や政府のことが
うかがい知ることができて興味深いです【写真3】

IMG_2711.jpg

正直お寺を見ても「えーと、タイより中国の影響が強い?」
ぐらいしか感想が持てなかったのですが(←ひどい)、

―仏教・儒教・道教が融合して形成された多様な信仰―
―僧尼数は35741人と人口の1割強に達している(2002調査)―
―あまりにも多くの住民が遺跡地域の内部に居住しているため、地方自治体は(中略)複数の政策を打ち出している。それは…―

なんて記述を読んだあとだと、目に入ってくる日常の街の景色にも
それなりに意味を探すようになった気が!!!


…まっ暑いので日中はなるべく出歩かないんですけどねウッシッシ
ライチは食べ始めると止まらないのは何故でしょう
ラベル:ベトナム フエ
posted by サンボン at 18:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

フエでドリアン討伐訓練

それは本当に突然の邂逅だった。

昨日の夜、L先生がロビーから電話をかけてきた。
「今、下にいるので降りてきてください」

ロビーに降りると、と水色のビニール袋を差し出され。
「日本語を教えてくれた、お礼です。どうぞ。」

中にはハンドボール大ぐらいのドリアンがまるごと入っていた。
「好きだと聞いたので…」

あ、ありがとうございます。
「じゃ、帰ります」

そう言い踵を返し、バイクでさくっと帰って行く。

手に残ったのは、「まるごとドリアン」。
二度見しても「まるごとドリアン」。
いや好きだしおいしいと思うんだけどね。…まるごと!?

いつも剥いてあるものを買ってきて食べていたドドリアさん…
見ると、やや小ぶりながらビニール袋から禍々しい棘をのぞかせている。

まだ熟していないようで、芳醇な匂いは出ていない。
強烈な場合はきっとホテル内への持ち込みを許されないだろう

カウンターのお兄ちゃんを見やると、半歩ひいて苦笑いをしている。
とりあえず、部屋に持ち帰り、冷蔵庫に入れ、寝ることにした。


翌朝、微妙にかぐわしい空気が部屋を漂っている。
「駄目だあいつ…早く何とかしないと」

周りを見るが当然、誰もいない。
…逡巡の後、意を決して冷蔵庫のドアを開く。
そう、狩りの時間だ。

まず、中鉢の上にターゲットを乗せて固定し、ビニール袋の紐をほどく。

スルスルッ

ヌッとその凶悪な面構えが現れ、早くも戦意を挫かれる


IMG_3379a.jpg
「シャギー!! どっからでも かかってこいやー」:【写真1】

うへぇ。どっからどーすりゃいいんだよ?

武器:クダモノナイフ(なまくら)
防具:なし

装備は貧弱この上ないが、ある程度の切り込みが入っている。
あとはその切り込みを深くして、中の房を取り出せばいい!…はず。

おもむろに切り込みにナイフを当てるが、たやすく弾かれてしまう。
そらそうだ、この間マンゴスチン相手に手こずったぐらいのひと振りだ。
手で押さえて固定しないと無理だろう。しかし、いかんせんこちらは素手。
表面の棘が痛すぎて、もう涙が出そうだし、強く抑えりゃ血も出そう(TдT)

「ドリアン売りのおばちゃんが装備しているガントレットがほしぃ」
などと泣きごとを考えつつ、手の平をこすって小休止。むー。

相対する果物界の暴君をじっと観察する。
体長は大したことないが、やはり厄介なのはその棘だ。

竜鱗の様な棘の向きは一定ではなく、様々な方向に捻じれている。
よーく見るとつむじの様に指を置ける安全地帯があるぞ!

なるべく裂け目に近い安地に人差し指を入れ、めくれた部分を親指で押さえ
挟むように固定し、ナイフを当てる。ズズ。いける!

IMG_3385a.jpg
「イテテ、痛いってばよー」:【写真2】

少しずつダメージを重ねていくこと3分。1房剥ぎ取ることに成功!
そして1房剥ぎ取る度に持つ場所が増え、かなり楽に進めていける。

「これは勝ったか?」と早期討伐を確信した直後、
ドドリレウスの様子がおかしい。まるで怒っているようで手が出せない。

何と最後に残った房は、切り込みがほとんどない上に非常に硬い。
固定しようがしまいが関係なく、ナイフを一切受け付けない。

「…くそっ、何て時代だ」

「1房ぐらい諦める?」という選択肢さえ頭をよぎるが、
マータイさんに怒られるので、もうちょとだけ頑張るべ

ナイフでは無理と判断。最後の荒業に出ることにした。
左右に安全地帯を見つけ、両手の2本指でしっかり挟み、
ゆっくりと左右にねじり裂くように力を加える。

メリっメリメリ!

メリメリメリメリメリメリ!
「プギャーーー」
まるでドドリレウスの断末魔が聞こえてくるようだった。



こうして、ついに20分針で討伐を完了すことができた!
後世に語り継がれるであろう、真に達成感のある戦いだった。

IMG_3389a.jpg
「プギャーーー」:【写真3】

この先の人生、皆様も突然「まるごとドリアン」を渡されたら、
この記事を思い出してほしい。


えっ、味!? 剥ぐのに満足してまだ、食べていませんw
posted by サンボン at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。