2009年11月05日

フエの満月:中秋リーグ

洪水明けの10月3日は陰暦の8月15日で中秋でした。

台風一過の後のせいか、雲のない綺麗な月夜になりました満月

まるでサッカーボールのように真ん丸ですねサッカー


IMG_0959a.jpg
【写真1】:フエの満月(ミニ3脚使用)







当日、家では月餅やくだもの(ザボンやら柿)を買って飾り、

街や川沿いの道では、大勢の人がそぞろ歩いていました。



話によると、子どものお祭りといった意味合いもあるようで、

子連れの家族で散歩している人も多かったです。







獅子舞や龍舞が街のあちこちで開催され、景気をつけていました。



この時期レストランで食事をしていると、彼らが入場してきて舞い踊り

その店の主からいくばくかのお金をもらって出ていきます。

そして、しばらくすると、また別のチームが来ます。



1回にいくらぐらい払っているのか分かりませんが

お店からすると、結構な出費なのでは?
IMG_0900a.jpg
【写真2】:露天の食堂でも獅子舞 ご祝儀くださいよー





チームは、頭役、後ろ足役、男の人役、太鼓係の4人が多く、

フォーメーションは「1ー2−1」 店の外では控えメンバーがアップをしています。

そして、近所の子どもがサポーターとしてついてまわっています。

IMG_0914a.jpg
【写真3】:インド料理屋さんにだってやってくる。
壁のシヴァ神も苦笑しつつ舞いをみていた


日本語クラスの中にもこの太鼓係の生徒がいて、授業中、指でリズムをとっていました。

トントントトトントトトントントン♪ トントントトトントトトントントン♪

何度か注意するも、どうやら無意識に叩いてしまうようで、自分で気づいて苦笑いしてました



きっと元選手の大人が監督で、熱血指導しているのでしょう。

うーん、町内で熾烈なレギュラー争いをしている最中のかもしれませんウッシッシ







団体の規模もいろいろで、町内の子ども会でやっている小さいクラブだけでなく、

お店に雇われて3頭で舞い、照明係や音響係がいるようなプロチームまでいました。

IMG_0987a.jpg
【写真4】:スーパー(コープマート)前の大がかりな獅子舞を観る人だかり

IMG_0992a.jpg
【写真5】:獅子舞アップ


同僚は「最近は雇われて出張獅子舞するする団体が増えた」と言ってました。

時代の流れや文化の変容などが感じられるコメントでした。



子ども獅子舞がんばれ! お小遣いのためにも、シェア争いで負けるな!

(…でも授業中には踊らないでね)







次の日、

サッカースタジアム近くの幼稚園の広場で獅子舞が披露されていました。

チームのトラックが横付され、衣装も豪華だったので、プロチームだと思われます。



舞いが始まり、白い獅子(龍?)が華麗なステップ&ターンで観客を魅了します。

園児たちも目が釘付けでしたが、一番うれしそうだったのは保母さんでしたわーい(嬉しい顔)

IMG_0919a.jpg
【写真6】:華麗なステップ&ターン
posted by サンボン at 00:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。