2007年05月31日

雨降りジョニー

雨の日が続いています。明日から6月ですね。

雨の思い出で一番強烈なのは、やはり熱帯雨林気候の国タイのです。

タイ在住3年目、日本語教師の友達4人でプーケット島へ行きました。
皆お金がないので、夜行バスに揺られて10時間以上の強行軍。

昼間は日差しがヒリヒリ痛いし、夜はエアコンがガンガン。
ほとんど「物体」になりつつ、朝の5時に到着しました。

とうぜん、ホテルなんかにゃ泊まれないので、
プーケットの大学で教えている仲間の部屋になだれ込みます。
宿代はバンコクで買い込んだ日本食で♪

2日目は島内観光のために奮発し、レンタカーを借りました。
屋台で食事を済ませ、いざビーチへ!GO!
ウルフルズだのパフィーだの往年のJPOPがかかります。
『ガッツだぜー♪ たべーいこー♪』

すると雨が降ってきました。午後のスコールです。
マイペンライ(だいじょうぶさー)マイペンライ♪
すぐに止むさと「波乗りジョニー」でノリノリです。
http://momo-mid.com/mu_title/naminori_johnny.htm

あれ? 何か洪水になってきてない? 自転車半分沈んでるし。
見てるそばから腿ぐらいにまで水が増してます。

やばい? あっと車がエンスト!ジョニーも止まります。
動け、動け、きゅるる、OK かかった。
とっ、とりあえず高いところへ!

どうもプーケット島の中央部は盆地になっているようで、
そこに雨水が一気に流れ込んできているようなのです。

追い込まれるようにある丘の上に車は辿り着きました。
そして、その丘の上には…

見るからに超高級ホテル…
なんか満面の笑みのポーターとか出てきたぞ
いや、違いますから、我々泊まれませんから、こんなとこw
前門の高級ホテル、後門の洪水。たーすーけーてー(TщT)//



ポーターは車を誘導してくれると、バスタオルを持ってきてくれます。
そして、ニコリとこう言いました。「水が引くまでどうぞごゆっくり」

4人は場違いなエントランスで、流れてゆく雲を見ながら
「いつかこーゆーとこに泊まれるといいね」って笑いあいました。
ラベル:タイ 音楽
posted by サンボン at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。