2007年10月10日

日比谷公園で店員さん

3連休の日曜日、日比谷公園に行きました。

初めて知ったのですが、毎年この時期に
国際なんちゃらフェスタがあるんだそうです。

そこでは各国の大使館やらボランティア団体が模擬店を開き
自国の紹介や、とりくんでいる課題の展示をしています。
民芸品を売っていたり、民族料理の出店を出していたり
まるで小さい万国博覧会です。

カップルや家族づれも多く来場していて、
ボランティアとか国際協力っぽい『真面目』といった感じではなく、
のんびりゆったりとした雰囲気が好印象でした。

以前私はモンゴルにいたのですが、
それも国の派遣プログラムだったのです。
なので、そのブースの店番なぞしていました。

お店には民芸品が売られていたのですが、
ほとんど原価かそれ以下の値段がついています。
人にもらったり家にあって処分に困っているものを持ってきた感じで
商売っけは、ゼロでした。

フエルトのクッションや、馬頭琴のミニチュア、カシミアのくつしたとかが
300円とか500円、、、安。

あとサービス(無料)で
民族衣装(帽子や上着)を着て、写真を撮ってもいいコーナーもあって
それなりに盛況でした。

モンゴル時代の仲間にも会えるし、
来年、晴れたらまた手伝いに行こうと思いました。

お近くのかたは来年ぜひどうぞー。

各国料理とか怪しげな土産物がゴロゴロしています。
ちなみに私は、イエメンとベトナムとラオスの珈琲を買いました♪
11月いっぱいはスタバに行かなくても良さそうです。

追記:
正式名称を調べたら「グローバルフェスタJAPAN2007」でした。

posted by サンボン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104260888
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。