2008年05月29日

狼が来たぞー

午後4時すぎ、外からビヨビヨビヨビヨ!とケタタマしい音。

防犯ブザーの音です。思わず耳を澄ましていると、

あとに続いたのは小学生の男の子のデハハハハという笑い声。


………


オオカミ少年の寓話を想起しました。


現代版の話として使えそうだなー
…教師目線の思考になるのは職業病?
ラベル:恐怖体験 子ども
posted by サンボン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。