2011年06月25日

燕岳山行(その2):登山と再会


**********************************
「燕岳(つばくろだけ)山行その2」です。m(。。)m


【7月16日】
新潟県K駅から松本駅まで電車で4時間半。
日本海を右手に進んで、左折、正面にそびえる連峰に分け入り、
スイッチバックしながら長野へ。「Fjitsuの提供」っぽい眺め♪
旅のお供はPSP(モンスターハンターポータブル2ndG)と爽健美茶。

長野駅での乗換は時間が1分!?、ダッシュでホームへ。
乗り込んだ瞬間に「プシュー」と松本行きのドアが閉まる。
逃したら30、40分ぐらいは次発を待つだろう。

松本駅着。21時の待ち合わせまでは、2時間強。食事処を物色しに駅周辺を散策。
常識的に考えて、ここは信州ソバだろ。

よさそうなお店発見も、店の外からは値段がわからん造り。ええいママよ。
やっぱりイイお値段だったので、2500円強の天ぷらソバをあきらめ、山菜月見。美味。

駅前のマックで新発売のチキンバーを試しつつ、プレミアムローストコーヒーをちびちび。
ティガレックスを狩り雪山をうろついていると、ティガじゃなくて、とも味さんが現われる。
あっ21時だ。
モンゴル協力隊時代の仲間、ダルハンの母。言動が男前、うん変っていない。

とも味さんの実家にて、お母さんのキヨポンさんからメロンやお茶を出してもらう。
和室にて就寝、床の間に北海道の熊発見! いかにも実家! 雷鳥?の剥製もあった。
明日は雷鳥に逢えるかなー。ZZZ


【7月17日】
運命の登山日。天気は、、、、快晴(≧ω≦)b
とも味カーに乗り込み、一路登山口へ。


見えたあれが目指す燕岳! いやあっちか?

登山口付近になると勾配がきつい上にカーブが多い、
すれ違ったタクシーの運ちゃんから「ライトつけるべし」とのアドバイス。

駐車場には登山者の車がいっぱい。何とか駐車して、朝食タイム。
キヨポンさんが持たせてくれたおにぎりを2つ食べて♪ エネルギー充電。

6:57 登山開始
とも味さんにペースメーカーを任せる。
ペースだけでなく歩幅とか足の置き場所とか同じにすればいいので楽。
かと思いきや、後ろでも最初の勾配がきつい。何とかせねば。


IMG_5148.jpg


ためしてガッテンで「歌いながら登ると良い」という回があったらしく
心の中で色々な曲をフンフン試しながら登る。

■マイベストヒット「燕岳」
#1 「森のくまさん」 最初だし、雰囲気で選曲。でもテンポが早すぎて疲れる
#2 「函館の女」 なかなかいいが、函館山の頂きで♪あたりで歌詞が分からなくなる
#3 「ガラスの十代」 サビ部分で自分が壊れそうになり却下
#4 「少年時代」 なかなかいい。やはりスローなのが良いことが判明
#5 「ドナドナ」  気分が沈んできて、悲しくなってくる、、、
#6 「さくらんぼ」 気分転換にチョイスも早すぎ、もう1回は無理でした。
#7 「北酒場」 別の登山者が歌っていたのが伝染った、なかなか良い
#8 「亜麻色の髪の乙女」 かなりいい。が、登山中に「丘を下る」連呼が辛い。

7:35 第1ベンチ
ガッテン流登山術で何とか第1ベンチ到着。木のベンチが置いてあった。
休みつつ水を汲む。6割飲んだ爽健美茶に湧き水をブレンド♪

8:42 第3ベンチ 9:23 富士見ベンチ
第2ベンチは、ベンチ手前で休んでいたため、スルー。結構ご年配の方もいる。
健脚じゃのー。富士山は見えずって見えるのか?こっから?
この辺は岩場+足場が狭いところが多く、プチプチ付きの軍手をはめて登る。
大学院のときに引越しのアルバイトで使ったなーこのタイプの軍手

10:01 合戦小屋
意識朦朧。
(……何か賑やかなところに出た。……取り敢えず休めるぞ。)
フラーと腰を下ろし、爽健美(水)を飲む。
キヨポンさんの最後のおにぎりをほうばる。
昔話の「3枚のお札」のように少し元気に


目の前に「すいか販売所」がある。

IMG_5160.jpg

冷やした大玉をザクっと切って8等分。皆がかぶりついている。
塩かけ放題一切れ800円也、、、、てことは1玉6400円。
うっ、ベトナム帰りの私には手が出せない。
美味しそうに食べてるなー(名物らしく、下りにこの計算をする前に食べた。美味)

 

合戦小屋から燕山荘まではもう一息。このあたりから、高山植物がちらちらと佇み
見たことのない鳥が姿を現してくれる。


IMG_5178.jpgIMG_5196.jpgIMG_5192.jpg


登山口から合戦小屋までに取った写真:9枚
合戦小屋から、燕山荘までに取った写真:45枚

その差は歴然。


雪の壁が見えた! 山小屋近しと、無駄にテンションの上がる2人(雪国出身のくせに)
壁が迫ってくるコントをしながら、そこを抜けると、そこに待っていたのは、、、


IMG_5218.jpg

燕岳

と燕山荘(ちゃんと槍ヶ岳も見えた)
IMG_5295.jpgIMG_5229.jpg


11:53 燕山荘到着(休み休みで約5時間)
ちょうどサキちゃんがフロントにいて、案内してくれた。
「きましたー」「よくきてくれたねー♪」「きましたー」「やったー」「わー」
サキちゃんも変わらないなー。ここで働けて幸せオーラ全開

寝床の前で記念写真。あっモンゴル語で挨拶するの忘れた。

IMG_5236.jpg

何気に山荘のアピールを忘れないサキちゃんであった
(泊まってみて良かった山荘ランキング、全国1位だそうですよー)
(食事や景観もそうだけど、気持ちいい笑顔が決めてなんだろうなー)


燕岳の山頂には明日の午前に登るとのことで、一息ついたら逆側を散策。


オーナーのご好意でケーキセットをいただきました。こんな場所でこの贅沢♪
5,6種類あったような。私はベリーケーキをちょいす。ほどよい酸味と上品なクリーム。

IMG_5296mini.jpg
山好きのとも味さんは、モンブランをチョイス。ブレないなー


写真が多くなりそうなので、「その3」に続きます。
はい、なるべく早く書きます 〆(`・ω・´;)”

posted by サンボン at 15:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ダメだ。相変わらず遅すぎる。
写真が全然アップできない(TДT)
6月28日から1か月ほど一時帰国するので、日本で直します。
Posted by サンボン at 2011年06月25日 15:36
こっそりと写真をアップ
Posted by サンボン at 2012年06月07日 00:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。