2012年01月31日

私が日本語教師になったわけ その3

■その3:バンコクの周辺で「なりつつあるぞ」と思った

更に2,3年後、学生サンボンは卒業し、青年サンボンへジョブチェンジした!(無職だが)

もともとはアルバイトで貯めたお金を持ってインドネシアへ行くつもりだったのだが
ジャカルタでの暴動のため断念、ゼミの先生のお知り合いのいるタイで就職活動をすることにした。


60万円ほどのお金が無くなれば、帰国するよりない。
一番安かったビーマンバングラディッシュの機内はカレーの匂いが漂っていた。


もちろん、国内の日本語学校も考えたが、ちょうど氷河期のど真ん中でポストは縮小傾向。
大学の日本語学科を出ただけで、他のアドバンテージがほとんど無い青年サンボン。
仮に非常勤で採用されても実家暮らしでもないため日本語教師の給与では生活費が賄えるか怪しい。


また、「パソコン通信」から「いんたーねっと」なるものに変わりつつある時代だった。
なので、「いんたーねっと」で海外就活する手もあったのだろうが、やはり強みがない。

海外なら新卒であれ、現地に居れば直接面接がしてもらえる。
だから履歴書が弱くてもまだチャンスが多いだろう。
そんな考えだったと思う。


微笑みの国へ到着後、カオサンの宿でホットメールのアカウントを取って、
ゼミの先生のお知り合いのM先生から就職活動の方法を教えていただいた。


国際交流基金バンコックセンターには求人用の掲示板があった。
そして、図書館には日本語教育関連の書籍や教授法のビデオも豊富にあった。


朝起きて図書館へ行き、掲示板を確認。図書館でビデオを見て、本を読む。
屋台でお昼を軽くすませ、午後も同様。帰り際、もう1度掲示板を確認。
夕食に白米を買って帰り、魚のトマト煮の缶詰をおかずにする。寝る。


ある先輩教師からは「修行僧のようだね」と言われた。
借りたアパートの大家さんからは「電気代が安すぎるけど大丈夫?」と聞かれた。


月1で開かれる教師会に参加し、知り合った人の授業を見学したり、ゲストとして使ってもらった。


そんな生活を続けて5か月。
予定していた教師のドタキャンにより、ある大学から電話がかかってきて採用された。

直接的な「私が日本語教師になったわけ」は「他の教師のドタキャン」だったのだが、
それまでの日々は、非常に多くの先達の姿を見る機会になっていた。


ずいぶん後に「正統的周辺参加」や「発達の最近接領域」という言葉を習ったが、
下っ端の徒弟がより熟達したメンバーの仕事を見よう見真似でやってみて学習するように
あの期間、あの状況に身を置いたことで、だんだんと日本語教師に成っていったのだと思う。

posted by サンボン at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サンボンさん、

参加してくださり、ありがとうございました。
そして、コメントが遅くなり、大変申し訳ございませんでした(昨日したのですが、エラーメッセージが出てしまい、今大学のパソコンからしています)。

無事、トラックバックもできていますよ!

サンボンさんのライフヒストリー、興味深く拝見させていただきました(たくさんありますね!)。今後もよろしくお願いいたします。
Posted by ぱんちょ at 2012年01月30日 19:32
ぱんちょさんへ

ご訪問ありがとうございます。
企画に参加させていただきました。とりあえずトラックバックできていて一安心(何人か送信失敗と出ていたので)。

しばらく発信から遠ざかっていたので、丁度良いきっかけになりました。
参加された皆さんのところにも見に行っています。これから3日目の人のを読みに行くところです♪

こちらこそ今後ともどうぞよろしく。
Posted by サンボン at 2012年01月30日 20:52
3部構成で最後まで一気に読ませていただきました。
他の教師の授業を見る機会はあまりないので、いいスタートだったんだなぁとうらやましくなりました。
Posted by skas at 2012年01月31日 20:08
SKASさんへ

長くなってしまったので、3部に分けました。
一気読み&コメントをありがとうございます。

「なった」後も、その渦の中で学べたことが多かったので、場と人に恵まれていたと思います。

今、フエ市の中等学校で教える日本語教師の教師会などに関わっていますが、お互いが見学する機会を増やしてみようかな〜
Posted by サンボン at 2012年02月01日 04:12
あに〜!めっちゃおもろかったよ。アハの文章は、クールなのに自虐的ネタが心を温めるのよね。こうして私がアハを頼り続けられるのも、実は「他の教師のドタキャン」がきっかけだったなんて!謝謝老師!
Posted by ほに at 2012年05月01日 13:21
ほにさんへ
コメ謝謝。はーとうぉーみんぐな自虐ネタなんてあったっけ? と今、読み返したら「求人用の掲示板」じゃなくて「お知らせ用の掲示板」に求人も載っていたが正しい。主観で求人用だと思ってた。
新しい能力試験は、模擬試験しても合格かどうか計算できないのはちょっと不便だね。簡便な代案があるといいのだけれど。

学期末まであと10日!
Posted by サンボン at 2012年05月04日 19:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。